栄区文化協会広報誌「さわやか」

本文へジャンプ サイドメニューは次へ

イベント情報

創作・教養部門

音楽・芸能部門

栄区文化協会について

栄区役所及び関連施設

会長メッセージ バックナンバー

会長メッセージへ戻る

*“ようこそ栄区へ“

9月1日(土)遠くアフリカからJICA研修生7名(水道技術の研修)をお迎えして日本文化の体験・実習を行いました。 工程は栄公会堂で書道の体験~区民活動センターで浴衣着付け~本郷台駅前商店街主催の駅前祭り体験です。栄区民の人情と文化体験の思い出を夫々の国で語り伝えて貰えたら嬉しく思います。横浜市・水道局、栄区役所、書道協会・舞踊連盟連携して対応したものです。


*厳暑の中でも秋・芸術祭に向けての準備、会議や催しが行われ夫々の役割を果しています。
①8月10日(金)13:00~「栄区民芸術祭」出品者説明会=区役所新館4階会議室。
②8月23日(木)19:00~アースフェスタかながわ定期総会=かながわ県民センター。
③8月24日(金)10:00~「栄区シニア連」作品展打合せ=区民活動センター。
④8月25日(土)18:00~栄図書館開館30周年記念“夏の夜のミニコンサート”=栄フイル。
⑤8月29日(水)18:00~常任理事会=区民活動センター
⑥9月1日(土)JICA研修生の書道~本郷台駅前祭り体験=公会堂~区民活動センター。
⑦9月6日(木)15:00~「栄区ならではのおもてなし」第1回検討会=栄区役所。
⑧9月23日(日)14:00~栄区民吹奏楽団による“カジュアルコンサート”=栄公会堂。
⑨9月30日(日)14:00~横浜さかえ男性合唱団による“想い出の名曲コンサート”=栄公会堂 他にも各地域の盆踊り、地区センター、ケアプラザ等の夏祭りイベント等に参加しています。

2018年9月1日 小華和紘記


 鎌倉女子大訪問と「七夕コンサート」

*7月6日(金)鎌倉女子大・岩瀬キャンパスを訪問しました。
様々な意見交換と同校の対応から文化の相互交流に ついて好感触を得ました。爽やかな“新しい風”が加わった文化協会の今後が楽しみです。 区関係者の協力を得ながら進めています。

*7月7日(土)リリスホールで第51回「栄ソリステイの七夕コンサート」がありました。
クラシック系のこの種の音楽会、以前ほとんど識見がなかったのですが役目柄会場に足を運ぶ内にその良さがわかってきたような気がします。開場前から長蛇の列、早めに会場に行って並ばないといい席は取れません。今回は何時か何処かで聞いたことのある曲目でしたので、場違い感はありませんでした。ソプラノ独唱、フルート・ピアノ・サクソフォン独奏の見事な演奏を堪能しました。 近くの会場で、格安の入場料で、良質な音楽を聴くことができた満足感とお得感ある演奏会でした。

 7月は他に「恒揚彩会・水彩画展」(リリスギャラリー)等5つの単協主催イベントが開催されました。

2018年8月1日 小華和 紘記


 日頃、栄区文化協会ホームページご覧いただきありがとうございます。
 文化協会は様々な活動記録を残しております。その中から次の数字を拾ってみました。 2010年/2017年の比較です。

2010年 2015年 2017年 増減 増減率
会員数(人)236621451976-39083.5%(16.5%減)
*来場者数(人) 15,279 16,187 17,740 +2461 +116.1%(16.1%増)

*来場者数は秋・芸術祭+春・文化祭

 会員の減少あるものの、来場者の方は増えています。この数字は文化協会の会員として文化 事業に携わった方が、夫々の事情で退会される際、引継ぐ私たちへの“はげましの数字”とも 読み取れます。区民の文化意識の高さと共に、区関係部門、文化関連施設、賛助会員の皆様 の文化振興への理解と支援・協力の結果とも思います。
 広報よこはま「栄区版」5月号で栄区平成30年度の取組事業の一つ「栄の魅力創出と発信によるにぎわいのあるまちづくり」が紹介されました。
  文化協会への期待があり、私たちの役割・出番はまだまだあるようです。

2018年7月1日 小華和 紘記

このページの先頭へ戻る