本文へジャンプ サイドメニューは次へ

イベント情報

創作・教養部門

音楽・芸能部会

栄区文化協会について

栄区役所及び関連施設

栄区文化協会からのお知らせ


      栄区文化協会は、文化活動の担い手として活動しています

会長 西崎 進治
会長の写真
 会長メッセージはここをクリック
        会長のタウンニュースはここをクリック



500日にわたった栄区制30周年が
3月20日(祝)にフィナーレを迎えます。

「栄区30周年感謝祭~そしてはじまる未来のさかえ~」を開催します。(
詳細をここから検索



第21回春の文化祭はいよいよ
2月15日(水)から3月20日(月)
に開催されます。



詳細はここをクリック
  



イベント情報


栄区民芸術祭・文化祭以外の活動をイベント情報で照会しています。

 

  栄区の「第九」

2月5日(日)、第10回栄第九演奏会は横浜みなとみらい大ホールで行われました。
入場者数 1499人
合唱参加 235人 少年少女合唱団35人
オケ人数 74人+指揮者
合唱指導者数 3人

  




「栄区民芸術祭2016」

2016年11月20日に終了しました
その記録をチョット覗いてください。

広報誌「さわやか」

さわやか51号ファイルの大きさ6Gbyte、目次・しおり付き)が発刊されました。

 バックナンバー
 

栄区文化協会20年の
写真集が出来ました。

栄区文化協会は1996年2月24日創立し、20周年を迎えました。これを記念して記録写真を公開します。

動画を見よう


伝統芸能と新曲を
コラボした新しい踊りです。
2016年11月26日更新   
   誠吟会提供

ポスター

会長メッセージ

  横浜市有数の自然保護地域「瀬上市民の森」を代表とする緑豊かな文教の地、鎌倉にも隣接する人口約13万人の栄区を活動の場とし、老若男女、プロとアマチュアが協調し、一体となって活動するユニークな団体、それが栄区文化協会です。

 今年、創立20周年を迎え、現在、約2,000名の会員が思い思いの活動をしています。内容は、美術、書道、華道、陶芸、手工芸、写真などの創作系、茶道、礼法、囲碁などの教養系、交響楽、器楽、声楽、箏、尺八、三味線、琵琶、謡曲、民謡、日本舞踊、詩吟・剣舞などの音楽芸能系というように多岐にわたっています。
 年間の主な催物としては、年度初めから夏にかけての各所属団体独自の主催による演奏会、展覧会等々、秋の当協会主催・栄区共催の大イベント「区民芸術祭」、そして、年度終りの当協会主催「春の文化祭」があります。

 とても楽しく活動できる団体で、利点もいろいろあると思いますので、ご興味のある方は、当協会のホームページ、或いは、電話や直接練習場を覗くなど、お気軽にトライしてみてください。お待ちしております。

                           

 (2016.06.01   西 崎 進 治 )


                           
このページの先頭へ戻る